6月 5, 2014 · 未分類 · (No comments)

ここ一年以上、続けているのはゴボウ茶。
イロイロな効能が書籍やらテレビやらで話題になっていますが、その効果はもちろんながら、私が気に入っているのは味!!
日本人としては、馴染み深い味だと思います。
私は出身が秋田なのですが、秋田名物で有名な『きりたんぽ鍋』は醤油ベースのスープに鶏ガラやら何やらとゴボウの笹?きをどっさりいれて、その風味をふんだんにスープに移して頂きます。
旨いです。
ゴボウ抜きでは『きりたんぽ鍋』とは言えません。
それほどに、ゴボウはいい味でます。豚汁などでもそうですよね。
そのゴボウの旨味を凝縮したものが、ゴボウ茶!!
一口くちにしたとたん体に染み渡る、素朴で芳香な味は何ともいえません。
そんなゴボウ茶を、私は手作りしています。
最近は店頭で販売されているのを見かけるようになりましたが、私が始めた当初は売ってなかったので…。
そして、買うと高い。
手作りだとゴボウの購入費のみで済みます。あっ、あとガス代もか…。
作り方は、
ゴボウを出来るだけ均一の厚さで笹?きにします。
干します。(干したては意外に水分ありますので、ひっくり返したりします)
フライパンでから煎りします。(このから煎り具合で味が変わります、毎度ハラハラです)
てな、感じです。
最初は、ゴボウ茶を広めた有名な先生の本を参考にしました。
実は、なかなか手間と時間がかかります。
ですが自分で作ったお茶は、なかなか良いです。
皆様、是非お試しあれ。

ルイボスティーの口コミサイトはこちら




4月 9, 2014 · 未分類 · (No comments)

どんなに素敵なアイメイクをしていても、よれがひどかったり、シワシワの目元では効果がありません。
特に30代くらいに見えるのに、目元がメイクで乾燥してシワシワになってしまっていて年齢よりも老けて見えてしまう人も度々見かけます。
私のアイメイクのお勧めは、そのよれとシワシワをなるべく出ないように解消することです。
特に30代になったくらいの、乾燥による小じわが気になり始めた位の年代の方にお勧めしたいです。
ポイントはアイメイク自体の時間よりも、その前のケアの時間を長くとることです。
保湿して下地を作ることからアイメイクの一環ととらえます。
まず、アイメイクをする前に蒸しタオルを用意します。
適温に冷まして目の上に当てて温湿布します。
これで目の周りの筋肉をほぐします。
それで、シワシワ乾燥した目元もお風呂上がりのようになります。
タオルがぬるくなってくるまで、30秒から1分くらいが目安です。
その後に、目元に美容液を塗ります。
力を入れずに優しく塗って下さい。
その後にそれをティッシュで押さえます。
それから化粧下地を塗って化粧をします。
後は通常のメイクをします。この一手間で目元の乾燥が緩和されます。メイクのノリもよくなります。
ただ、問題は目元美容液などで目元が潤っている状態だと、一部のアイライナーなどがよれやすく、落ちやすくなってしまうことです。
ですが、乾燥したままの目元にアイラインをするとより老けて見えてしまうので、よくありません。
お勧めとしては、きりっとしたアイラインを筆タイプで描くよりは、目元が潤っている状態なら、ペンシルタイプのアイライナーでぼかすようにメイクをすることです。
普段の化粧でしたら、優しい印象にしあがります。
筆タイプのアイライナーできりっとした印象に仕上げたいときは、目元美容液の量を減らして下さい。
この一手間でよれにくく、夕方の小じわも大分軽減されます。




>>かりんきりんの体験談はこちら




アイメイクで重要なのはアイラインもそうですが、やっぱりまつげのボリュームと
長さ!だと私は思います(*>∀<*)
長くて、綺麗なまつげで目力UP!

私がオススメするのはマジョリカ マジョルカ の
「ラッシュキング」というマスカラです♪

見た目も可愛いこのマスカラ。この1本で。短くてほっそいまつげも
ビシッとロングに、且つ太くすることが出来るんです(*≧ω≦)
色は黒とブラウンがありますが、どちらを使うかはお好みで…
私は黒を使用していますが、本当にまつげが長くなるんです!
一度ベースとして塗り、少し乾いたかな~というくらいに
2度塗りすると、地まつ毛からは考えられないくらいのボリュームと
長さが出ます(*`▽´*)!
ダマになることもないので、何度でも塗れちゃうんです!

でも化粧した時のまつげの長さに慣れてしまうと、
「あ~私のまつ毛ってなんでこんなに短いんだろう…」と思ってしまいますよね?
それも大丈夫!地まつ毛を伸ばす美容液があるんです!
それが「BEAUTYLASH」というまつ毛専用美容液です。
1本5000円くらいするんですが、3か月から半年くらい持ちますし
塗って1か月くらいでぐんぐん伸びてくるため、安い方では
ないかなあと思います。私も友人から勧められて始めたのですが、
友人の以前のまつ毛の短さを知っていただけに、使用後のまつ毛を
見た時の衝撃は大きかったです。

外国のモデルさんなみにバサバサと長いまつげになっていたんです(゚ω゚;)
早速私も使い始めましたが、やっぱり効果が出るのがすごく早いです。
私も無事バサバサまつ毛を手に入れることが出来ました♪
また、地まつ毛が長いと、すっぴんでいても目が大きく見えるので
すっぴんで出歩くことも可能になりました。ナチュラルメイク程度でもOKですね♪

やっぱりメイクは目元からo(*´ゝ∀・)ノ!
是非使ってみてください♪

ルミガン ブログ




20代も折り返しになり化粧なしでは外を出歩けなくなってきました。
若かりし頃はこれでもかというくらいの厚化粧でしたが、この歳になって気が付いたのはやはり綺麗なメイクはあくまでナチュラルさがポイントになるという事。
特にアイメイクは顔の印象を決める最も重要なポイントです!

10代の頃はパンダかのごとくアイラインを上下にばっちり描き、つけまつげは二枚づけ、アイシャドウはブラック、目頭にはホワイトのライナーを乗せ、ばっちり!!と思っていましたがこれ実は男性受けも女性受けも悪いです(;_:)

ではナチュラルといってもどれほどに加減すればいいのか?
手抜きができるわけではありません。あくまでナチュラル風に見せる事がポイントです。

例として私の最近のメイク方法と使用している化粧品を紹介します。
ちなみにあまりメイクにお金はかけないタイプなのでプチプラ化粧品を愛用しています。

まずベースはCAN MAKEさんのアイシャドウ、ナチュラルブラウンを使用しています。

大体薄いものから濃いものまで4色がパレットになっていると思いますがアイホールは一番薄いものを指の腹で全体にのばしていきます。

そこからまつげのはえぎわに向かって残りの3色を使ってグラデーションにしていきます。

次にアイライン。これはデジャブのリキッド ブラックを使用しています。

しっかり色が出る代わりに細く自然に描けるのでおすすめです。

あくまで細く目のきわぎりぎりに描いていきます。

まつげはまつげエクステをしているので何もしていませんが、つけまつげを使う時は1本1本が細く長めのタイプを使います。

下まつ毛はデジャブのロング ブラックで3度塗り位します。

個人的にアイメイクでポイントになるのは下まつ毛だと思っています。

長くはっきり見えるよう丁寧に作っていきます。

最後に涙袋を作ります。

最近はリアルタンクという涙袋テープを愛用しています。

これで完成です。大体10分位の時間で完成です。

アイメイクは年齢に合わせることが大切ですが自分で満足いくメイクであればいいのかもしれませんね。

これからも研究していこうと思います(●^o^●)